どんな育毛剤を使ってきても効果なしでしたが・・・。

自分でできる範囲の事はやっていますが・・
薄毛というのは、いつの間にか進行していて、気が付けばとんでもない状態になっていた、なんて方も少なくはないでしょう。
かくいう私もそんな一人であり、ある時たまたま頭頂部を確認してみたところ、ビックリするくらい薄くなっていたんです。

普段髪の毛をセットするときは、正面と横をちょっと確認するくらいですからね。
頭頂部なんて、全くと言っていいほどノーマクでした。

というわけで、今現在薄毛を改善すべく、あれこれと対策を講じている最中であります。
育毛剤、サプリメント、マッサージ、食生活の見直し、適度な運動・・などなど、とにかく自分でできる範囲の事は、全てやっているつもりです。

だけどねえ、どうも上手くいっていない(改善していない)というのが現状です。
まあ薄毛というのは、いろんな要素が絡まりあって発症しますからね。
そんな簡単には改善しないとは思うのですが・・。うーん、にしても何かしらの変化が現れてくれないと、今やっていることが正しいのかどうかが、ちょっと分かりません。

頭皮にしっかりと栄養を行き渡らせるために…

体の健康を保つためには、食生活というのは非常に大きな役割を持っていますよね。
特に、ちょっと体調が悪いな…と言う時にはいつも以上に栄養のあるものを食べたりしている方も多いでしょう。
そして日頃の健康維持には、食生活だけでは摂りきれない栄養を補うためにサプリメントなどの健康食品も有効的です。

こういった心掛けは、実は頭皮の健康にも重要だと言えるのです。頭皮の健康を保つためには、栄養が必要ですから、その栄養を補うという目的でも育毛剤が使われます。
ただし、いくら育毛剤をたくさん使って栄養を頭皮に送ろうと思っても、肝心の体が不健康な状態では意味がありません。

頭皮にもしっかりと栄養を行き渡らせて、健康な髪の毛を育てるためには、体を健康に保つということも大切なポイントです。
脂っぽいものばかり食べていると皮脂の分泌が増えて毛穴の詰まりを起こすこともあります。
野菜や果物、海藻類などを積極的に食べるようにすると良いでしょう。

育毛剤は途中で諦めずにコツコツと続ける

せっかく毎日育毛剤を使っているのに、なかなか思ったような効果があらわれなくてヤキモキしてしまうことってありませんか?

私自身も育毛剤を使っていく上で、もしかしたらこの育毛剤は自分に合っていないのではないか…、このまま使い続けたとしても効果が出ないのではないか…と不安になってしまうこともありましたが、基本的に育毛剤の効果というのはすぐにはあらわれずに最低でも数ヶ月はかかるということを耳にしてちょっとホッとしました。
1,2週間使ったからといって魔法みたいに効果が出てくるわけではないんですね。

目に見えた効果が出てくる期間というのは個人差はありますが、大体半年程度と考えておくと良いかと思います。
そのため、せっかく育毛剤を使い始めたのであれば、途中で諦めることなく焦らずに毎日コツコツと使い続けていくようにしましょう。
本当ならばこの後そろそろ効果が出て来るかもしれない…という時に使うのを止めてしまって結局無駄になってしまうのではすごくもったいないですからね!

安全に育毛効果を得るために気をつけたいこと

いくら高い育毛効果が得られたとしても、副作用が起きてしまって体に何らかのトラブルが出てしまった…ということは避けたいですよね。
普段、服用したり直接肌に塗ったりする医薬品でしたら、体に合わなかったり体調によっては副作用が起こってしまう可能性も考えられます。

医薬品の育毛剤や発毛剤を使うという場合には、この副作用についてもしっかりと気をつけながら使う必要があると言えるでしょう。
普段ドラッグストアなどで手軽に買えて、価格もお手頃の育毛剤というのは医薬部外品のものがほとんどですから極端に副作用に怯えることはありません。
ただし、やはり含まれている成分が弱めですから、思ったような育毛効果を得ることが出来ない場合もあります。

そこで、日本の医薬品の基準とは異なる海外で製造・販売されている育毛剤を個人的に輸入して使っている人もいます。
成分が多いにも関わらず価格も安いということで利用者も決して少なくないと思いますが、副作用のリスクがあるということは頭に入れておかなければなりません。
日本人の体質に合うような育毛剤を探し出すの事はとても大変かと思います。
やはり日本で作られた日本人のための育毛剤を使用する事がベストかと思います。

育毛剤としての効果が期待できる3種の育毛有効成分をバランス良く配合していることがチャップアップの大きな特徴です。
参照:チャップアップの副作用研究所/効果ないとの口コミや評判は本当なのか

肌に優しい植物由来の成分を多く配合しているので特に副作用を気にする方、肌が敏感で炎症を起こしやすい方はぜひチェックしてみるべきです。

育毛剤を使い続けて起こる停滞期について

育毛剤というのは、ある程度の期間コツコツと使い続けていくということが効果を得るために大切なことです。
ただし、ここで1つ頭に入れておいて欲しいことがあります。長期間使い続けることによって、停滞期に入ってしまうケースがあるのです。

しばらくの間、育毛剤を使っていて自分自身でも少しずつ効果を感じてきたというときに、しばらくしてもなかなかそれ以上効果が上がらずに、もう効果は止まってしまったのでは?と勘違いしてそこでストップしてしまうという人もいます。

どのような育毛ケアでも言えることかと思うのですが、ずっと延々と効果が右肩上がりにあらわれるというものはないでしょう。
特に髪の毛に関しては、成長する時期と停滞する時期のサイクルがありますので、効果が無くなったかな?と思っても、さらに根気よく使い続けてことで次の成長期に入ります。
こうしたことをちゃんと知っていれば、本当に正しい育毛効果が得られるのではないでしょうか。

効果的な育毛剤の使い方について

育毛剤というのは一応使い方などが記載されていますが、お薬のように必ずしも決められた用法や用量はありません。
そのため、何となくスプレーして何となくマッサージして…という使い方をされている方も多いのではないでしょうか。

せっかく育毛剤を使うのであれば、出来るだけその効果を最大限実感したいものですよね。間違った使い方をしているがために思ったような効果が得られないのでは勿体無いです。
そこで効果的な使い方として考えられるのが、こまめにスプレーするということです。
例えば、一日一回大量にスプレーするよりも、一日数回に分けて何度も使う方が効果的だと考えられます。
これには理由があり、育毛剤というのは使用してから効果が持続する時間がとても短いと言われているからなのです。

さらに、スプレーをしてからは必ず頭皮を揉み込み成分を浸透させてあげるようにマッサージをしましょう。
頭皮の状態によっては、マッサージをした後にさらにもう一回スプレーをするのも効果的だと考えられます。

頭皮が健康な状態の時は育毛剤が浸透しやすい

育毛剤というのは、頭皮の環境を整えるという効果もあるため頭皮の状態が悪い時であってもいつでも使えると思っている方も多いのではないでしょうか。
しかし、まずはご自身の頭皮の状態をきちんと知っておくことが大切なのです。

たとえば、頭皮が炎症を起こしてしまっていたり、かぶれていたり、傷が付いてしまっているという時にいきなり育毛剤を使ってしまうと、含まれている成分によっては刺激が強すぎて逆に炎症が悪化してしまいより頭皮環境を悪くしてしまうということもあるのです。
これでは、せっかくの育毛効果も得られませんからもったいないことになってしまいます。

薄毛や抜け毛などに悩み育毛剤を使いたいと思った時には、まずは頭皮の状態をしっかりと健康な状態に近づけてからの方が有効成分が浸透しやすくなります。
基本的に育毛剤というのは使用した当日にすぐ大きな効果が現れるというものではありませんから、頭皮が不健康な時に慌てて使う必要もないのです。

数字のマジックに騙されるな

育毛剤などの広告宣伝でよくあるパターンが「使用した何%の人が効果を実感しました」というような文句です。
例えば50%の人が実感したよりも90%の人が実感したと書かれたいたほうが、利用する人は決断が用意になることは間違いないでしょう。

しかし、この数字の実感というものの内容がどうであるかまでしっかりと表示されている商品はあまりおおくなく、ほんの少しの実感であっても、かなり大きな実感であっても同じ意味の実感として書いてあるのです。
考えてみればわかりますが、50%の実感でもそのうちの40%の人が大きな改善を実感しているのと、90%の実感でも大きく実感している人は10%ということになれば、選択はどうなるかはわからなくなります。

一括して実感ということであれば、それは虚偽ではないので、通用するでしょう。育毛剤などの利用を検討している人は人の評判に弱いところがあるのはある程度仕方のないことですが、大事なお金を使うことですから慎重に決めるべきです。

男女の薄毛の違いについて

男性と女性とでは一言で薄毛といってもタイプが異なり男性の場合は生え際とか頭の天辺部分から髪の毛が抜けて薄毛になっていきます。
ですが女性の場合は全体的に髪の毛が薄くなっていくのが特長です。

男性ホルモン抑制成分が配合されたモノではなく血行促進タイプなら女性にも多少効果はあると言えますが、男性と女性とでは頭皮の質にも違いがあります。
女性の方が頭皮が弱いので育毛剤も女性専用のモノには血行促進作用がある成分の他に保湿成分や肌の炎症を抑える成分などがたっぷりと含まれている傾向があります。

つまり男女共用タイプの商品も販売されていますが、男性は男性用の育毛剤、女性は女性用の育毛剤を使用するのが最も効果が期待できるというわけです。
ただ一部分の毛が薄くなっていく男性と比較し全体的に薄くなる女性の方が育毛剤を使い始めるタイミングが難しいと言えますが、少しでも抜け毛が増えたとか髪の毛が少なくなったと感じたら予防も兼ねて使用し始めることをお勧めします。

育毛剤の効果のあらわれ方とは?

育毛剤を使うことによって髪の毛が元気になったり、抜け毛がおさまって量が増えたりなど嬉しい効果が期待出来ます。
ただ、果たしてどのようにして効果が出てくるものなのでしょうか?

育毛剤を使った部位にすぐ髪の毛が生えてくるというような効果の出方ではありません。
まず、育毛剤を使うことによって今生えている髪の毛にコシが出てきてしっかりとした強い毛になります。
髪の毛が細く弱々しくなることで抜け毛につながってしまいますから、育毛剤によって髪の毛を太く、強くするということは非常に効果的です。

そして、今度は新たに生えてくる髪の毛に対してのアプローチです。
薄毛の状態というのは、毛根から髪の毛が生えてくるサイクルが乱れてしまい、本来生えてくるべきはずの髪の毛が生えてこない状態です。
そのため、育毛剤によってこのサイクルを正常な状態へと整えてあげるのです。
育毛剤のこのような効果によって、徐々に頭皮や髪の毛を健康な状態にすることが出来ます。

育毛剤を使っていて何らかの異常を感じたら?

一生懸命育毛剤を使用して頭皮のケアをしているのにも関わらず、思ったような効果が出てこないばかりか、より一層頭皮の状態が悪くなってしまっている…と感じることはありませんか?
かゆみや痛み、フケなどが出てきてしまうというようなケースも決して珍しいことではありません。

そういった場合には、まず頭皮の状態を正常に戻してあげることから始めることが大切です。
無理をして育毛剤を使い続けると、どんどん頭皮の状態が悪化し余計に抜け毛や薄毛につながってしまうこともあるのです。

例えば、頭皮に炎症やキズがあるときなどに育毛剤を使うと、含まれている成分によっては刺激を与えることになってしまいます。
そのため、育毛剤を使用した際に強い刺激や痛みなど何らかの異常を感じた場合には、すぐに使用を中止するようにしましょう。
せっかくの育毛ケアがマイナスになってしまっては意味がありませんからね。

また、元々は頭皮にトラブルが無かったとしても、育毛剤が合わずに異常が出て来ることも考えられます。
こうした場合にも使用を中止しましょう。